保護者の皆様へ

お子様が世界中のどこでも活躍できる人材へ!!

人、物、通貨が世界中を高速で流動している現在、当然のごとく多くの国々の若者たちが英語圏への留学を経験し、世界に羽ばたこうとしています。
日本でも企業の多くが海外に支店を持ち、現地採用も多く、同時に日本での外国人登用が盛んになっています。同時に、外国人と働く能力を持つ日本人を採用するため「海外の大学や大学院修了の人」と条件を付けて募集する企業や中途採用も多くなっています。
このような時代、日本でも海外の大学や大学院への進路を進学先の一つと考えるのも、時代の自然な流れだと言ってもいいでしょう。特に、英語や自主性、行動力が、現代を生きる人の必須アイテムだとすれば、大学の選択を日本だけに限定するのは、もはや時代遅れと言っていいでしょう。このような時代ですから、政府も積極的に留学を進めております。

世界の大学の評価では、多くの分野において日本の大学は海外の大学に遅れを取っていると言われます。また、海外の大学でしか学べない分野や日本ではあまり教えていない専攻も多くあります。「金融工学」「映画学」「観光学」「アスレチックトレーナー」「音楽療法」「国際開発」等、理系、文系を問わず様々なものがあります。
留学を希望する高校生の皆さんも、お子様を海外に送り出す保護者の皆さんも、異文化の中での生活は不安もあるでしょう。しかし準備をしっかりしていけば、人生を豊かにする貴重な体験と実力をつけることができます。留学の成功の可否は事前の準備にかかっています。留学先の文化・環境や学習スタイルを理解してから渡航すれば、カルチャーショックにも耐えられ、留学成功の確率が高まります。

留学が成功するということは、お子様が世界中のどこでも活躍できる人材となることです。海外進学センターでは、大学や専攻選びから出発まで、専属のカウンセラーがトータルでサポートする留学準備プログラムをご用意しています。

アライバルサポートにより現地到着後3か月を目安に、お子様の自立を促しながら、東京オフィスおよび現地事務局からサポートを行うことも可能です。

万全な準備と周囲のサポートがあれば、留学はそれほど難しいものではありません。留学に関する、疑問やご質問などお気軽に御相談下さい。→お問合せフォーム

ページトップへ