大学院留学ついて

−今グローバル企業はあなたを待っている−

正規留学のエージェントとしての長年の経験とノウハウを持つ海外進学センターだからこそお勧めする留学形態です。

現在、日本では語学留学や短期間の交換留学など、さまざまな留学形態があります。国際企業が求める「使える英語力」と「コミュニケーション能力」と「専門知識」を同時に習得するには大学院留学が最適です。

大学院留学で国際的に活躍できる人材に

日本では終身雇用や年功序列が終わり、本当の意味での個人の能力が問われる時代になりました。企業では、現在日本の大学の新卒者よりも海外留学経験者、外国人、転職者の枠を増やしているともいわれています。つまり、本当に国際社会での企業活動に使える能力が求められているのです。それは、英語でのプレゼンテーション(営業力)、ディベート(交渉力)、リサーチ(調査能力)、グループプロジェクト(協調性と問題解決力)、等を通して、社会人になってからすぐ活躍できる力です。現在では、現地で留学生対象の日系企業や現地国の企業が就職説明会をしています。とくに海外の大学院を卒業した人たちには、外資系企業や上場企業への就職機会も多くなっています。国際的に活躍しようと考える人たちには、大学院留学をお勧めします。

大学院留学で「使える英語力」と「専門知識」を同時に身につける

大学を既に卒業している方で、これからのキャリアアップには英語力、コミュニケーションスキル、専門知識が不可欠だと感じている方には、英語圏(上記6カ国)の大学院留学が最適の手段です。大学院留学の最大の特徴は、一つの専門分野を掘り下げて勉強するということです。その結果、世界で通用する専門知識が身に付きます。大学院留学は短大、大学よりさらにディベート、プレゼンテーションスキル、リサーチスキルが問われ、また世界中から集まる留学生と競い合って修了することができる大学院留学だからこそ、将来国際企業の中で活躍する力がつきます。

身近になった大学院留学

大学をある程度の成績で卒業していて、中・上級の英語力がある場合、海外の大学院へ留学をすることは十分可能です。日本やアメリカの大学院修士課程は通常2年間ですが、イギリスやオセアニアの大学院には1年間で修士課程を修了することができるところもあります。年間費用(授業料及び滞在費込)も300~400万円程度で大学院留学を実現することができます。同じ時間をかけて語学留学をするよりは、卒業後に世界で通用する力を身につけるため、をアメリカ、カナダ、イギリス、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランドの大学院留学で学習した方が就職には断然有利です。

留学を成功させるために大事な英語力

どこの国に留学する場合でも、一番大事なことは、その国に留学する前に十分な英語力を身につけていくということです。留学する人の中には、英語はその国で勉強すればよいと考える人もいますが、英語力が不十分な場合、現地に適応するにも時間がかかり、大学院レベルの英語力の習得には日本で学習する以上に時間がかかりますから、結局日本で英語を勉強してから留学するよりも、高額な費用になる場合が多いのです。海外進学センターは大学院レベルの英語力を身につけるのに最適なプログラムを持っています。英語講座のページをご覧ください。

自分に合った国で最高の教育を受ける

アメリカを初め、イギリスやその他の海外進学センターが留学をサポートしている大学院には、修士課程と博士課程(修士を修了した人がさらに3~5年研究して取得できるPh. D)があります。アメリカや英国、オーストラリアにも世界中から優秀な人材が集まって最先端の研究がおこなわれています。
アメリカとカナダの大学院修士課程は2年制がほとんどですが、単位を取得すれば1 年半で終了する修士コースもあります。イギリス系の大学院はほとんどが1年で終了でき、学部の専攻とは異なる分野での修士課程の勉強ができます。オセアニアの大学院は大学と専攻科目や学習形態(講義がリサーチか)により修業年限が異なりますので、あらかじめ確認することが大事です。

いずれの国も、大学院へ入学するための英語力は、通常、TOEFLiBTで90以上(トップスクールは100)、IELTS で6.5(トップスクールで7.0 以上)を要求しています。
アメリカ系の大学院では他国に比べ、出願書類が多く、準備期間も長く必要です。しかし優れた論文を提出すれば発表の機会には大学が費用面でのサポートをすることもあり、十分に納得のいく学習ができます。優れた成績を修めた留学生の場合は、大学でのティーチング・アシスタントのアルバイトを提供されることもあります。
英国系では、修士課程の期間は一般的に1 年間で、講義形式がリサーチ形式かをあらかじめ選び出願します。将来博士課程まで進みたい方は、リサーチコースを選択します。その場合、研究テーマを明確にし、自分の師事したい教授に直接連絡を取る必要がある場合もでてきます。留学生は一般に講義式を選ぶ人が多いようです。
オーストラリアの場合も、講義形式かリサーチ形式かを選ぶ必要がでてきます。大学や専攻により、修業年限が異なります。2年以上のコースで就学する場合、終了後就労可能なビザが発行されます。ニュージーランドの大学院の中には、博士課程に関しては自国民と同じ学費で勉強できて、しかも配偶者には就労ビザを発行する大学院もあります。
それぞれの国の大学院が、高度な専門知識を身に付けて、将来研究や技術革新の先端に立つ若者の入学を待っています。どこの国の大学院でも一般に、自分で積極的に調べて発表し(プレゼンテーション)、それに対する質問に答え、ディスカッションをすることが普通の授業形態です。英語でのコミュニケーション能力と多角的な視点から物事をとらえ、質問に適切に応える能力を要求されます。
海外の大学院には、自国の学生以上に留学生が多い学校もあります。世界中からの留学生と共に学ぶことによって、世界中の国や民族の異なる文化にふれて、真の意味でのグローバルの人材として成長できるでしょう。
今日、世界中の企業が、グローバル人材として成長するあなたの活躍に期待しているのです。今こそ、あなたが留学を決断するときです。海外進学センターはあなたのやる気を、全面的にサポートします。


ページトップへ

使える英語と専門知識を身につけて本格的なキャリア・アップをめざす――1年~2年(修士課程)+2~3年(博士課程)――


ページトップへ