短大・大学留学

−正規留学のエージェントとしての長年の経験とノウハウを持つ海外進学センターが薦める海外短大・大学留学プログラム−

一度しかない人生、グローバル人材として世界に羽ばたきませんか?

新たな環境で自分を鍛え、そこから広がる人生の選択肢

高校生のみなさんは卒業後の進路が決まりましたか?日本の高校の多くが、生徒の偏差値を基準に大学選択のアドバイスをしているようです。しかし、海外では本当に自分のしたいことや、将来の就職のために勉強することが普通です。そのため、海外大学進学後に勉強したいことが変わった場合、専攻の変更や、より上の大学に編入することが当たり前の国もあります。つまり本当に勉強したいことを勉強できるシステムになっています。その上、英語圏の大学で勉強すれば、出席率重視でレポートは期限厳守ですから、相当の英語力と学力、さらには自己管理能力がつきます。

大学生のみなさんの中で、海外大学編入を考えている方は、日本での成績を普通以上の成績を修めておく必要があります。海外の大学では、学期ごとに一定以上の成績を修めないと、進級ができないことがあります。それだけ、学習にも真剣に取り組む必要があり、それだけ成長もできます。

社会人として活躍しているみなさんの中にも、キャリア・アップのため留学をしたいと考えている人たちも多いようです。日本と異なる多様な文化の中で厳しい学習を経験するということは、かけがえのない貴重な人生体験となり、自分をさらに飛躍させてくれるでしょう。

国によって入学基準や評価の仕方が異なります。それに関しては国毎の留学システムをご覧ください。


バイリンガルになってワンランク上の就職をめざす

どこの国であっても、大学留学に共通して言えることは次のことです。

1)専門性とコミュニケーション能力の習得

自分の専攻する学科の専門性と、英語によるコミュニケーション能力がつく。

2)自立心と想像力の養成

海外の大学には多種多様な学生が在籍しています。そのような異文化の中では、他人を頼るのではなく自ら考え行動する積極性と独創性が必要です。そのような資質は、グローバルな企業で働く時の基礎となるものです。

3)世界共通の「資格」取得

海外の短大や大学を卒業すると準学士号(Associate Degree / Diploma)、大学を卒業すると学士号(Bachelor’s Degree)という学位を取得することができます。日本の大学でも取得できますが、海外留学によって取得した学位の場合は、海外の大学のハードなカリキュラムをこなすことにより身につけたものとして、高く評価されます。それが世界で通用するグローバルな資格になります。

4)就職に強くなる

「海外大学留学は就職に不利」という時代は終わりました。事実、留学生の多いアメリカやオーストラリアで、日本人留学生を対象に企業説明会が行われています。また、日本でも留学生が帰国する時期に合わせて企業説明会が行われ、留学生専用の募集サイトも多くなっています。確固たる自信、英語とコミュニケーション能力、専門的な知識とスキルを身にまとったあなたに不況は関係ありません。

短大・大学への進学方法はこちらへ
人気の専攻はこちらへ

ページトップへ